2015/10/09 23:10

「恋もカラカラ」
考えすぎでしょ 悩みすぎでしょ
貴方とならいつも楽しいなんて ちょっと言い過ぎ
嘘くさい 嘘くさい...
でもね 今のうちだけ言わせてよ 馴れ馴れしくさせないよ
貴方と過ごす時間は爆発寸前
この部屋に二人きり
砂漠で独り 誰も助けちゃくれない
そんなカラカラ 水が欲しい
貴方の前だと いつもカラカラ
貴方の視線が気になる もう限界 もう限界
まともに見つめ合う事さえ出来やしない
遠くの記憶 いつの間にか玄関で サヨナラ
貴方とまだ朝までいたい 不満そうな貴方に何も言えない
心開くことさえ許されない
高いプライド 捨てちゃいたい
目を閉じた あの瞬間が待ち遠しい
子供の様な無邪気な感情 取り戻したい
ためらう事なく貴方といたい 変になるくらい
いつも貴方のことばかり
限りない妄想膨らまして 風船飛ばすよ あの空に

と…こんな感じでへったくそなくっさい詩を書いていきます(笑)